オメガ豆知識

シリーズについて

ロングセラーモデルが多いオメガですが、なかでも人気シリーズとして4つのシリーズがあげられます。

ダイバーズ・ウォッチのマスターピースとして時計史にその名を残す「シーマスター」

シーマスターは第二次世界大戦中にイギリス軍に供給された防水時計「マリーン」から発展したモデルであり、市販用に改良されさらに防水性能を高めたモデルがシーマスターとなりました。
1970年の油田調査「ヤヌス計画」では「シーマスター600」を着けたダイバーが、250mの深海で耐水圧記録を樹立、1981年には、イタリア エルバ島沖で、フランス人ダイバーであるジャック・マイヨールが、水深101メートルというダイビングの世界記録を樹立した際にも、シーマスター」が着用されています。

人類と共に初の月面着陸を果たしたNASA公式時計「スピードマスター」

スピードマスターは、シーマスターの派生モデルとしてドライビング用に開発されたタキメーター付のクロノグラフモデルです。

アポロ計画を推進していたNASA(アメリカ航空宇宙局)の装備担当官の目に留まり、過酷な宇宙環境をシミュレーションした11項目に及ぶ厳格なテストを行った結果、唯一パスしたのが「スピードマスター」というのは有名な話。

1969年にはアポロ11号で人類と共に初の月面着陸を果たし「ムーンウォッチ」という名も与えられています。

気品溢れる星の輝きをモチーフにした「コンステレーション」

オメガ史上初の自動巻き腕時計、更には全製品が公認クロノメーターという、まさに革命的なモデルとして生まれたコンステレーション。しなやかな美しさをまとった優美なフォルムに、特徴的な4つの爪、コンステレーション(星座)を表す文字盤6時位置にある「星」と裏蓋の「天文台と星座」、斬新なデザインと精緻さの絶妙な調和による秀麗なモデルです。

ハリウッド女優やトップスター達が愛用しており、セレブリティ御用達時計の代名詞とも言われています。

 

現代的なデザインと秀逸な技術を融合させた「デ・ビル」

1960年「シーマスター デ・ビル」として、シーマスターの中の一つのラインとして登場したのが始まりです。当初は文字盤にデ・ビルの名称は入らず、単にシーマスターの薄型モデルという位置づけでしたが、1963年から4年間シーマスターデビルのダブルネームが生産され、1967年には確立した「デ・ビル」となりました。

都市・街という意味を持ち、そのクラシカルなデザインとその実用性で確率したラインとなり、今ではオメガ4大モデルの仲間入りとなり、豊富なデザインで展開しています。